みなかみで力強いクラフトに触れる

澄んだ水に恵まれた環境や、山からとれる土を生かしたみなかみのクラフトは多岐にわたる。竹細工、紙細工、焼き物。その精緻な手仕事を見れば、この町にクラフトマンシップが根付いていることは明らかだ。そのはず、みなかみの人たちは豊かな自然の恵みを活用して、今日までさまざまなものを自らの手で作り、受け継いできたのだ。

間近でそのクラフトマンシップを見つめるべく出かけたのは「月夜野びーどろパーク」。大きな敷地に車をつけると、目の前には美術館とショップ、そして背後にはガラス工房が佇む。ショップで鮮やかなガラス細工をひとめぐりした後、はやる気持ちをおさえて工房へ。そう、ここでは実際に無料で工場を見学することができるのだ。取材時の見学時間は8:05~15:30。間にお昼休憩があるので、行く前に電話することをおすすめする。

さて、いよいよ工房に足を踏み入れる。そこで広がっていたのは驚くべきガラスづくりの仕事だった。

ガラスづくりと聞いてイメージしていたのは、ひとりの職人が黙々と座ってガラスを吹いたり溶かしたりしている様子だったが、その期待は見事に裏切られた。工房のなかは窯、吹きガラスをする場所、細工をする場所と見事にセクションがわけられている。その中を熱いガラスを持った職人たちが縦横無尽に飛び回る。作業に見入っている間にいくつものガラス製品が出来上がっていた。

アクロバティックで、力強く、そして無駄のない洗練された作業。その仕事がこのひとつに結実していると思うと、カップを持つ手にも力が入る。お気に入りをひとつ選んで購入したガラスコップに触れて、実際に使ってみると、ぎっしりとしたガラスの密度の向こうに、みなかみのクラフトマンシップが静かに感じられた。

月夜野びーどろぱーく
〒379-1305
群馬県利根郡みなかみ町後閑737-1
TEL:0278-62-2211(代)
FAX:0278-20-2111

澄んだ水に恵まれた環境や、山からとれる土を生かしたみなかみのクラフトは多岐にわたる。竹細工、紙細工、焼き物。その精緻な手仕事を見れば、この町にクラフトマンシップが根付いていることは明らかだ。そのはず、みなかみの人たちは豊かな自然の恵みを活用して、今日までさまざまなものを自らの手で作り、受け継いできたのだ。

pebbles glass Minakami factory

間近でそのクラフトマンシップを見つめるべく出かけたのは「月夜野びーどろパーク」。大きな敷地に車をつけると、目の前には美術館とショップ、そして背後にはガラス工房が佇む。ショップで鮮やかなガラス細工をひとめぐりした後、はやる気持ちをおさえて工房へ。そう、ここでは実際に無料で工場を見学することができるのだ。取材時の見学時間は8:05~15:30。間にお昼休憩があるので、行く前に電話することをおすすめする。

さて、いよいよ工房に足を踏み入れる。そこで広がっていたのは驚くべきガラスづくりの仕事だった。

ガラスづくりと聞いてイメージしていたのは、ひとりの職人が黙々と座ってガラスを吹いたり溶かしたりしている様子だったが、その期待は見事に裏切られた。工房のなかは窯、吹きガラスをする場所、細工をする場所と見事にセクションがわけられている。その中を熱いガラスを持った職人たちが縦横無尽に飛び回る。作業に見入している様子だったが、その期待は見事に裏切られた。工房のなかは窯、吹きガラスをする場所、細工をする場所と見事にセクションがわけられている。その中を熱いガラスを持った職人たちが縦横無尽に飛び回る。作業に見入っている間にいくつものガラス製品が出来上がっていた。

アクロバティックで、力強く、そして無駄のない洗練された作業。その仕事がこのひとつに結実していると思うと、カップを持つ手にも力が入る。お気に入りをひとつ選んで購入したガラスコップに触れて、実際に使ってみると、ぎっしりとしたガラスの密度の向こうに、みなかみのクラフトマンシップが静かに感じられた。

月夜野びーどろぱーく
〒379-1305
群馬県利根郡みなかみ町後閑737-1
TEL:0278-62-2211(代)
FAX:0278-20-2111

Let us know your opinion

Stories about adventures, about design and what’s inspiring in life
through the lens of Fumio Takashima and friends.