愛される実りの味、そば処角

たわわに実った金色の田んぼ、生まれたてのような野菜、深い土の香りを嗅いでいれば、お腹の中から淡い期待が込み上げてくる。「絶対おいしいものが食べられる」

お昼時ともなれば地元の人でいっぱいのそば処角弥(かどや)。利根川にかかった橋の目の前にあるしっかりとした店構えのそば屋さんだ。のれんをくぐると入り口にそばをうつ器具、香ばしいそばの香り。

Food that tastes like life

そば処 角彌(かどや)

シグニチャーフードは大きなせいろに山盛りのそばが盛られた「へぎそば」。丁寧に打った手打ちそばをテーブルを囲んでわいわい分けながらいただくことができる。地元食材を使った天ぷら、その野菜のひとつひとつは掌におさまらないほど大きい。ざらりとしたそばの食感、噛んだ瞬間に口いっぱいに広がる野菜や舞茸の香りに、みなかみの自然が生きている。

「全て地元の食材を使っています。地方からこれを楽しみに来られる方もいるんですよ」

最後に、キッチンに案内してもらった。

オーダーが入るごとにそばが熱湯の中を泳ぎ、ざるにあげられていく。立ち上がる湯気さえそばの香りでいっぱいで、思わず大きく息を吸い込む。1秒も無駄にしない職人の手捌きが、あっという間にお盆にそばを乗せひとつひとつのテーブルに旅立っていく。みなかみの自然をいちばん贅沢にいただく、そば処角弥の実りの味。

たわわに実った金色の田んぼ、生まれたてのような野菜、深い土の香りを嗅いでいれば、お腹の中から淡い期待が込み上げてくる。「絶対おいしいものが食べられる」

お昼時ともなれば地元の人でいっぱいのそば処角弥(かどや)。利根川にかかった橋の目の前にあるしっかりとした店構えのそば屋さんだ。
のれんをくぐると入り口にそばをうつ器具、香ばしいそばの香り。

Food that tastes like life

そば処 角彌(かどや)

シグニチャーフードは大きなせいろに山盛りのそばが盛られた「へぎそば」。丁寧に打った手打ちそばをテーブルを囲んでわいわい分けながらいただくことができる。地元食材を使った天ぷら、その野菜のひとつひとつは掌におさまらないほど大きい。ざらりとしたそばの食感、噛んだ瞬間に口いっぱいに広がる野菜や舞茸の香りに、みなかみの自然が生きている。

「全て地元の食材を使っています。地方からこれを楽しみに来られる方もいるんですよ」

最後に、キッチンに案内してもらった。
オーダーが入るごとにそばが熱湯の中を泳ぎ、ざるにあげられていく。立ち上がる湯気さえそばの香りでいっぱいで、思わず大きく息を吸い込む。1秒も無駄にしない職人の手捌きが、あっという間にお盆にそばを乗せひとつひとつのテーブルに旅立っていく。みなかみの自然をいちばん贅沢にいただく、そば処角弥の実りの味。

Stories about adventures, about design and what’s inspiring in life
through the lens of Fumio Takashima and friends.